住所
〒639-0223
奈良県香芝市真美ケ丘
5-3-25
診療時間
午前診察:9:00~13:00
午後診察:14:30~19:30
診療日
月~水・金・土
※土曜日は18:00まで
休診日
木・日・祝日

詳しくはこちら

小児歯科

「フッ素は体に悪いのではないか・・・」と、フッ素をためらっていらっしゃる人がいるかもしれません。
しかし、幼児に使う歯みがき剤の量は1回約30mg。
これは1日2回使ったとしても体重10kgの子供が飲み込んでも安全とされる(アメリカ環境庁)フッ素量のわずか1/10!!
この量で体に悪影響がでるようなことは、まずありません。
さらにうがいするもので、正しくつかっている限り、フッ素を怖がる必要はないのです。

2ヶ月〜4ヶ月
おっぱいを吸う動作(哺乳反射)をしていたのが、自分の意思で飲むことを覚えていきます。
パパやママにだっこされながら、母乳やミルク以外の味を覚えます。

口にするもの:液体(果汁)
2
舌が前後に動くようになって、口にためて、舌でのどの奥に食べ物を送り、飲み込めるようになります。
はじめはだっこしてあげると安心します。ゴックンと飲むことを覚えます。

食べるもの:ドロドロ状(ポタージュ)
舌が前後に加えて上下にも動き、上あごと舌で食べ物をつぶすことができるようになります。
お座りが出来るようになったら、椅子に座らせて食べさせてみましょう。モグモグとかむ様子が見られます。

食べるもの:舌でつぶせる固さ(豆腐)
舌が前後、上下のほか、左右にも動き、舌で食べ物を移動させながら、歯ぐきで物をつぶすことができるようになります。
自我が芽生え、手づかみで自分で食べることを覚えます。椅子の下にシートなどを敷いておくとこぼしても安心ですね。

食べるもの:歯ぐきでつぶせる固さ(バナナ)
舌を自由自在に動かせるようになり、歯や歯ぐきでリズミカルにかんだり、つぶせたりできるようになります。
家族で楽しく食卓を囲み、大人の料理から取り分けていろんな味に挑戦させて。ただし、基本は薄味です。

食べるもの:歯ぐきで噛める固さ(肉団子)